大成有楽不動産 | 大成建設グループ

会社案内

環境への取り組み

環境方針

environment-img-1.jpg当社は「人がいきいきとする環境を創造する」という大成建設グループ理念のもと、ビル賃貸・管理業務及びマンション分譲・管理業務を核とした企業活動を通じて、人々の安全で安心、快適な暮らしやビジネスを支えるべく努めています。

当社は大成建設グループの一員として、以下の行動指針のもと、環境配慮型社会の形成をめざした環境保全活動を推進します。

行動指針

  1. 環境マネジメントシステムを構築・活用し、継続的に改善することにより成果の向上を目指します。
  2. 環境関連法規制等を遵守し、環境汚染の予防及び環境負荷の低減並びに環境保護に努めます。
  3. 環境目標を設定し、定期的な見直しを行い、環境保全活動の継続的な向上を図ります。
  4. 不動産の開発から施設管理までの段階において、省エネルギー・省資源、CO2の削減等について顧客に提案し、その活動を推進します。
  5. 役職員等に環境方針を周知させると共に、一般に公開します。

ISO14001の適用範囲

  1. 活動・製品・サービス
    1. 本社における建物・施設の総合管理
    2. 不動産の開発、賃貸、転貸、プロパティマネジメント、仲介、鑑定評価、コンサルティング
    3. 建物・施設の維持運営管理、警備、リニューアル工事
    4. マンションの管理、リニューアル工事、入居者向けサポートサービス
    5. 損害保険・生命保険の代理業
    6. その他大成建設㈱における施設管理サービス
  2. 対象(登録範囲内の関連事業所等)
    本社、支店、テクノセンター

ZEH-M(ゼッチ・マンション)への取り組み

ZEH-M(ゼッチ・マンション)とは

「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」をZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)といいます。
ZEHは主に戸建てを想定しているのに対し、ZEH-M(ゼッチ・マンション)は集合住宅を想定しています。
ZEH-Mは建物の規模や性能に合わせて『ZEH-M』、Nearly ZEH-M、ZEH-M Ready、ZEH-M Orientedの4つにランク分けされています。

ZEH-Mの普及に向けた取り組み計画

大成有楽不動産は、2030年を目途に、供給する全ての新築分譲マンションにおいて、ZEH-M Orientedの実現を目指します。 また、大成建設グループのデベロッパーとして、「人がいきいきとする環境を創造する」というグループ理念のもと、脱炭素社会、環境配慮型社会の実現に向けて、今後開発するマンションのZEH化に取り組んでまいります。
なお、中長期計画については、ZEHマンションの社会的認知・普及、技術的進歩や省エネ設備の低コスト化、及びライフサイクルコストを見極めながら、ZEHマンションの普及に努めてまいります。