大成有楽不動産

会社案内

沿革

大成サービスの歩み有楽土地の歩み
1953年
(昭和28年)
  • 大成建設グループの不動産事業を担う企業として、東京都中央区銀座に『有楽土地』設立
  • 事業用不動産の仲介事業を開始
1954年
(昭和29年)
  • 住宅地の分譲事業に進出
  • 損害保険代理店業務を開始
1958年
(昭和33年)
  • ビル賃貸事業に進出
1961年
(昭和36年)
  • 戸建住宅の分譲事業に進出
1963年
(昭和38年)
  • 有楽ビル竣工に伴い、本社を東京都中央区宝町(現京橋)へ移転
1966年
(昭和41年)
  • 不動産鑑定業務を開始
  • 別荘の分譲事業に進出
1967年
(昭和42年)
  • マンションの分譲事業に進出
1969年
(昭和44年)
  • 等価交換によるマンション第1号「高輪ハイツ」を分譲
1971年
(昭和46年)
  • 大成建設グループの施設管理事業を担う企業として、東京都中央区銀座に『大成サービス』設立
  • マンション管理事業に進出(宮前平グリーンハイツ管理開始)
1972年
(昭和47年)
  • ビル管理事業に進出(読売銀座ビル本館管理開始)
1976年
(昭和51年)
  • 都心型高級マンション「ロイアルハイツ」シリーズ第1号「お茶の水ロイアルハイツ」を分譲
1979年
(昭和54年)
  • 戸塚技術研究所に管理事務所(現テクノセンター)開設
1984年
(昭和59年)
  • 「オーベル」シリーズ第1号「オーベル渋谷」を分譲
1986年
(昭和61年)
  • 個人向けの住宅仲介事業を担う企業として、東京都中央区京橋に有楽土地住宅販売(現大成有楽不動産販売)設立
1988年
(昭和63年)
  • 建物遠隔監視システム(ビルネックス24)稼働開始
1993年
(平成 5年)
  • 千葉新町地区市街地再開発事業において、「センシティタワー」を竣工
1995年
(平成 7年)
  • 「グランツオーベル」シリーズ第1号「グランツオーベル小石川」を分譲
1997年
(平成 9年)
  • 「オーベルグランディオ」シリーズ第1号「オーベルグランディオ八千代中央」を分譲
2006年
(平成18年)
  • 保険・商事業務部(現新宿支店)開設
2008年
(平成20年)
  • 施設管理研修センターをリニューアルオープン
2011年
(平成23年)
  • 「オーベルアーバンツ」シリーズ第1号「オーベルアーバンツ西荻窪」を分譲
2012年
(平成24年)
  • 大成サービス(株)と有楽土地(株)が合併し、『大成有楽不動産(株)』が誕生
  • 公共施設の維持管理業務を効率化する「PPP型包括管理」を千葉県我孫子市で開始
2014年
(平成26年)
  • 「オーベル」リブランディング ブランドロゴマークを刷新
  • 分譲住宅の供給戸数が累計4万戸を突破
2015年
(平成27年)
  • ISO14001全社取得
  • 多様な事業展開を担う部門として、投資開発本部を新設
    賃貸マンション一棟をリノベーションした「テラス本八幡」竣工