大成有楽不動産

リニューアル事業

長期修繕計画

大成建設グループの高い技術力と豊富な実績に基づき、 お客様のマンションに適した「長期修繕計画」をご提案します。

マンションも時を経るに従い、日照・風雨・寒暖の変化などにより、しだいに傷みが生じてきます。コンクリート建築は半永久的に維持できるというイメージがありますが、実はそうではありません。いつまでも安心で快適な暮らしと、資産価値を末永く維持するためには、日々の維持管理の他に、定期的な点検、そして長期的な視点に立った計画的な修繕工事の実施が必要となります。

「長期修繕計画」とは、一定期間内の修繕費がいつ、どの程度必要となるかを試算したものです。修繕項目は大きく分けて建築工事と設備工事の2つがあります。工事の内容を細かく分類していくと、数10種類の工事になります。建物を構成する各部位の耐久性を考察し、一定の修繕周期を設定します。 「長期修繕計画」では長期的な視野に立って、それぞれの工事を適切な時期に設定し、30年間の修繕費用を試算します。 つまり「長期修繕計画」とは将来の修繕に備えるための、資金計画策定の基礎データと言えます。

長期修繕計画工事

「長期修繕計画」に基づく修繕工事には、12年周期で計上している「大規模修繕工事」と、時期が異なる「計画修繕工事」があります。

大規模修繕工事

外壁塗装や防水関係などの大掛かりな修繕工事。 大規模修繕工事では、足場を効率的に利用し複数の工事をまとめて行うことにより、修繕費の合理化を図ります。
※長期修繕計画で設定している、修繕工事の費用や修繕の実施時期はあくまでも目安であり、実際の工事実施時期、内容につきましては、事前の診断等で決める必要があります。

計画修繕工事

鉄部塗装、給排水設備交換工事、共用部内装工事などの修繕工事。

長期修繕計画の見直し

長期修繕計画には、建物および設備の劣化の状況、社会的環境および生活様式の変化、 新たな材料・工法等の開発による修繕周期や修繕費の変動、物価や消費税の変動など、 不確定な要素を含んでいるため定期的な見直しが不可欠です。当社では、建物の劣化状況や修繕履歴等を踏まえて5年ごとに長期修繕計画の見直し案をご提案いたします。 その都度、積立金の改定をシミュレーションし、計画書を作成するお手伝いをさせていただきます。

適切な修繕積立金プラン

当社では、計画修繕の年度別支出と支出累計をベースに、 それに対する年度別修繕積立金およびその累計額をシュミレーションし、 修繕積立金変更プランを作成します。修繕費用を準備しておくための修繕積立金変更の方法としては、 「均等積立方式」「段階増額方式」「一時金徴収方式」の3つの方式があります。

修繕積立方式別シミュレーショングラフ

下のグラフに各方式のグラフを表示します。ご覧になりたい方式をクリックしてください(複数可)。

CONTACT
〔建設本部 企画管理部〕へのお問い合わせはこちらから